おかげさまで二十歳になりました。

本当に嬉しいです。またこの日まで生きてこられたことに心から感謝します。

人生振り返ってみるとかなり感慨深いですね。

まさか家族と二十歳となる日を共に過ごすとは中学高校の頃からじゃ思いもしなかったでしょう。

ここまで生きてこられたのは家族の支えがあったからだと今なら実感できます。

母は今このベジタリアンとしての生き方に協力してくれています。

お金は特に欲しいと思わないのはきっと父が優秀で家庭が裕福だから。

恵まれた時代、環境に生まれたものです。

少し置かれた環境が異なればこのような考えに至らなかった。。

この先名を馳せた時もう一度同じセリフを言おう。

20歳となるここ最近では自分がかなりアップデートされましたね。

取り巻く環境も、考え方も。

不可逆的でちょっと前までの自分にはもう戻れない。

ここ最近やっと覚悟が決まったという感じで。

そこから人生が濃密になった感じがします。

違うステージに足を踏み込んだって。

だから会う人も限定になった。

本当に会いたい、価値があると思える人でないと会えなくなってしまった。

自分も誰かにとってそうでありたいし、いやなるよ。

人生の大半は思うようにはいかない 
納得できないことばかりだし諦めろと諭されてたけど 
それならやっぱ納得なんかしないまま 
その度に何度も唾を吐いて 噛みついちゃいけませんか?

自らの真実を捨て白い羊のふりをする者よ
黒い羊を見つけ 指を差して笑うのか?
それなら僕はいつだって それでも僕はいつだって ここで悪目立ちしてよう

写真提供 Dariusz SankowskiによるPixabayからの画像